中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年11月28日
不動産取引のススメ

多摩の動向は!?2019 年10月度の不動産相場

中古マンションの成約件数は首都圏全体で減少傾向

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年10月度の不動産流通市場動向が発表されました。
首都圏全体での中古マンションの成約件数は前年比で10.5%減少しており、中古住宅の在庫は増加傾向にあります。
画像は成約件数の前年同月比であり、成約件数は多摩だけが減少傾向になっているわけではなくすべての地域で前年比で減少傾向にあることがわかります。

多摩の中古マンションの成約単価は上昇傾向

この不動産流通市場動向の、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。
抜粋ではなく詳細を知りたい方は、下記リンクをご覧ください。

○東京都

10 月の東京都区部は78.90 万円/㎡と前年比で5.1%上昇し、10 ヶ月連続で前年同月を上回った。多摩は39.55 万円/㎡と前年比で1.9%上昇した。

○神奈川県

10 月の横浜・川崎市は46.18 万円/㎡と前年比で2.3%下落した。神奈川県他は34.63 万円/㎡と前年比で5.3%上昇し、9 月に続いて前年同月を上回った。

○埼玉県・千葉県

10 月の埼玉県は32.58 万円/㎡と前年比で4.9%上昇し、4 ヶ月連続で前年同月を上回った。千葉県は28.10 万円/㎡と前年比で2.7%上昇し、3 ヶ月連続で前年同月を上回った。

◆公益財団法人東日本不動産流通機構

月例報告 Market Watch サマリーレポート 2019年10月度


不動産の動向にはアンテナを張っておきましょう

多摩の中古マンションは前年比で成約件数は減少していますが、成約単価は上昇しています。
また中古戸建も前年比で成約件数は減少しており、成約単価は+0.6%と「減少はしていないけど増加しているわけでもない」というようになっていました。
家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!
多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward