中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年11月14日
社長の日誌

センダイガールズプロレスリング

プロレス・格闘技の聖地である後楽園ホールにて行われた、センダイガールズプロレスリングのロイヤルタッグトーナメント2019大会を観戦してきました♪

普段は、新日本プロレスを中心とした男子プロレスの観戦がメインですが、この日は友人に誘われて超久しぶりとなった女子プロレス。

事前に得ていた情報で知っていた選手は、ジャガー横田やアジャコングなど往年の女子レスラーだけでしたが、女子プロレスならではの技とキレ、スピードなど大いに盛り上がり楽しむことが出来ました。

中学生レスラーも二人出場しており、ついつい親の気持ちになって応援。。

※1dayトーナメントを制して優勝、優勝賞金100万円をゲットしたのは、DASHチサコ&松本組の「令和アルテマパワーズ」でした!

アジャ・コング

このペイントされたフェイスをご存じない方は殆どいないのではないでしょうか?

かつては全日本女子プロレスのヒール集団「極悪同盟」でならしたアジャ・コング。

ツーショット写真と握手に応じてくれましたが、握手した手は意外と柔らかかったです♪

同じく多摩地区の立川出身で本名は宍戸江利花ちゃんという可愛らしい名前のアジャさん。

元々は当時大人気だった長与千種選手に憧れていてベビーフェイス(善玉レスラー)になりたかったそうですが、会社からヒール転向(極悪同盟入り)を命じれれ泣いて嫌がったというエピソードがあるそうですね。

極悪同盟のドン、ダンプ松本さんによると、、

「極悪同盟」にいじめはなかった。「ベビーフェイスは大人数だったけど、極悪は少人数。結束が強かった」とのこと。

移動で使うバスには誓いの言葉があり、(1)人の悪口を言わない(2)人の物を借りない(返さないから)(3)外出時は笑ってはいけない(4)ナイショ話をしない-という非常に“善玉”な内容だったとか(笑)

年齢的に体力の方は厳しいのではないかと思いますが、まだまだヒールとして頑張ってもらいたいものです。

応援します!

 

この記事を書いた人
田岡 浩一郎 タオカ コウイチロウ
田岡 浩一郎
東京都多摩市に店舗事務所を構える地域密着型不動産管理会社の経営者として、地元オーナーから預かる管理物件の収益最大化を目指すプロパティマネジメント(PM)を実践し、管理物件の全ての賃貸借契約において「再契約型定期借家契約」を導入。収益確定型のリノベーション提案、不動産経営の所有法人化支援など、不動産オーナーの賃貸経営リスクの軽減にも努めています。 また、不動産を中心とした財産管理(財産診断)・土地の有効活用・家族信託組成支援・不動産管理信託サポートなど、「不動産で揉めないための相続対策」サポートを展開中です! 節税に偏った相続対策(相続税対策)は「争族」の原因となりかねません。 皆さまが、「相続対策」=「不動産対策」であると気づき、正しい次の一歩を踏み出すためにお手伝いできれば嬉しく思います!!
arrow_upward