中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年10月29日
社長の日誌

排水管詰まり汚物清掃

賃貸物件、特にアパート・マンション等の共同住宅の管理をさせていただいていると日々さまざまなクレーム(サービスリクエスト)が発生します。

管理会社としては、未然に防げるクレームはなるべく事前対策の手を打っておきたいもので、消防設備の法定点検等以外にも排水管清掃や防水工事なども定期的にオーナー様に提案を行っているところですが、当然にコストもかかる部分につき、なかなか費用をかけて毎年行うことが出来ないケースも存在します。

今回の事故は、やはり何年か排水管清掃を行っていなかった現場で起こってしまいました。

屋外駐車場スペースにあふれ出る汚物

朝一番、居住者様からの通報を受けて現場に駆け付けたスタッフの言葉をそのまま借りると、それは「想像を絶するショッキングな光景」だったようです。

当社に入社以来、初めて見る状態だったとも。

屋外の共用部分に、いわゆる汚物が逆流して溢れ出し、片手で鼻をつまみながら何とか蓋に重しを乗せて押さえてきたとのこと。

その後、提携の清掃業者さんに依頼をかけ、午前中には駆けつけて詰まりの改善作業(貫通作業)を行ってくれたので程なく解決をすることが出来ました。

 

ところで、契約業務が入っていたスタッフに代わり、貫通作業中はわたしの方で立ち会わせていただいたのですが、汚物をものともせずに淡々と作業する業者さんの姿にはプロフェッショナルを感じましたね。

畑は違えど、わたしも不動産と相続のプロとして精進したいと思ました。

 

他の現場においても、いつも迅速な対応に助かっています。

株式会社タキセツの滝田社長、今回もありがとうございました!!

 

この記事を書いた人
田岡 浩一郎 タオカ コウイチロウ
田岡 浩一郎
東京都多摩市に店舗事務所を構える地域密着型不動産管理会社の経営者として、地元オーナーから預かる管理物件の収益最大化を目指すプロパティマネジメント(PM)を実践し、管理物件の全ての賃貸借契約において「再契約型定期借家契約」を導入。収益確定型のリノベーション提案、不動産経営の所有法人化支援など、不動産オーナーの賃貸経営リスクの軽減にも努めています。 また、不動産を中心とした財産管理(財産診断)・土地の有効活用・家族信託組成支援・不動産管理信託サポートなど、「不動産で揉めないための相続対策」サポートを展開中です! 節税に偏った相続対策(相続税対策)は「争族」の原因となりかねません。 皆さまが、「相続対策」=「不動産対策」であると気づき、正しい次の一歩を踏み出すためにお手伝いできれば嬉しく思います!!
arrow_upward