中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年10月24日
社長の日誌

3年越しの相続案件

Sオーナー様からの相続相談を起点とした案件が、家庭裁判所の調停・審判を経て、ようやく当社がゴールと位置づけている不動産の売却へと向けて動き出した。

思えば3年越しとなる今回の相続相談案件。

「不動産と相続の相談承ります」と情報を発信し続けていなければ生まれなかったと思われる成果です。

そう思うと喜びも一入。

 

別件で、本日はHオーナーからも身内(兄弟間)の相続についてご相談が入りました。

こちらは、いわゆる争族の部類の話となりますが、真摯に向き合い少しでもお役に立てるよう、H様のお悩みに対して傾聴を心がけてゆきたいと思います。

そして今、「不動産相続の相談窓口」として、この立ち位置にやりがいと手応えを感じている。

PS:購入申し込みを頂戴していた収益不動産の契約条件もフィックスすることが出来、売買事業部第一四半期の目標達成も見えてきました。

この勢いで今期は突っ走ってゆきたいと思います!

この記事を書いた人
田岡 浩一郎 タオカ コウイチロウ
田岡 浩一郎
東京都多摩市に店舗事務所を構える地域密着型不動産管理会社の経営者として、地元オーナーから預かる管理物件の収益最大化を目指すプロパティマネジメント(PM)を実践し、管理物件の全ての賃貸借契約において「再契約型定期借家契約」を導入。収益確定型のリノベーション提案、不動産経営の所有法人化支援など、不動産オーナーの賃貸経営リスクの軽減にも努めています。 また、不動産を中心とした財産管理(財産診断)・土地の有効活用・家族信託組成支援・不動産管理信託サポートなど、「不動産で揉めないための相続対策」サポートを展開中です! 節税に偏った相続対策(相続税対策)は「争族」の原因となりかねません。 皆さまが、「相続対策」=「不動産対策」であると気づき、正しい次の一歩を踏み出すためにお手伝いできれば嬉しく思います!!
arrow_upward