中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年10月18日
社長の日誌

プロ野球ドラフト会議2019

プロ野球【運命のドラフト会議】今年もまた数々のドラマがあった。

プロ注目の目玉選手、岩手県大船渡高校の佐々木投手は4球団入札のうえ千葉ロッテへ、石川県星稜高校の奥川投手は3球団入札のうえ東京ヤクルトが交渉権を獲得。

大の千葉ロッテファンである当社顧問弁護士は大変喜んでいた(笑)

そして帰宅後はドラフト緊急特番「ありがとうお母さん」を観てまた感動。

高校生の娘からは「お涙頂戴テレビ好き」と茶化されているが・・・

苦労を乗り越えて憧れのプロ野球球団からのドラフト指名を家族と喜ぶ姿に共感し応援もしたくなる。

プロで大成するのはほんの一握り。

これからが本当の勝負だと思うので、支配下で指名された選手は一日も早い一軍での活躍を期待すると同時に、支配下での指名を待ちつつも惜しくも育成契約となった選手の皆さんには、その悔しさをバネにして是非とも頑張ってもらいたいものですね!

 

PS:ドラフト後のネット記事で、佐々木投手は東日本大震災でお父さんを亡くされていることを初めて知った。

「女手一つで育ててくれたお母さんに恩返ししたい」というコメントにますます応援したくなりました。

がんばれ佐々木投手!!

 

この記事を書いた人
田岡 浩一郎 タオカ コウイチロウ
田岡 浩一郎
東京都多摩市に店舗事務所を構える地域密着型不動産管理会社の経営者として、地元オーナーから預かる管理物件の収益最大化を目指すプロパティマネジメント(PM)を実践し、管理物件の全ての賃貸借契約において「再契約型定期借家契約」を導入。収益確定型のリノベーション提案、不動産経営の所有法人化支援など、不動産オーナーの賃貸経営リスクの軽減にも努めています。 また、不動産を中心とした財産管理(財産診断)・土地の有効活用・家族信託組成支援・不動産管理信託サポートなど、「不動産で揉めないための相続対策」サポートを展開中です! 節税に偏った相続対策(相続税対策)は「争族」の原因となりかねません。 皆さまが、「相続対策」=「不動産対策」であると気づき、正しい次の一歩を踏み出すためにお手伝いできれば嬉しく思います!!
arrow_upward