中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年06月15日
不動産取引のススメ

住む街を決める時に重要視することは何ですか?

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
家を購入するとき「この辺りのどこか」というような大まかな場所は職場や学校など様々な事情から決まっていても、「この街がいい」というポイントはある程度自由に決められるかと思います。
例えば八王子市の大学に入学が決まったから通学のために引っ越しをするけど、間近の物件でなくてもいいから八王子市でなくて多摩市や町田市、日野市等の周辺でも構わないというときなどです。
賃貸であれば卒業など引っ越しのタイミングを作りやすいかと思いますが、不動産の購入となるとやり直しの敷居は非常に高くなってしまうでしょう。

住む街を決めるポイントは何か?

では、住む街を選ぶポイントは何があるでしょうか?
一般的なことでいうと、
①交通利便性 ②生活利便性 ③居住快適性 ④安全性 ⑤資産性 ⑥街の雰囲気
などがあげられるのではないでしょうか?
当社では資産性の高い住宅購入をお勧めしておりますが、上記の項目が兼ね備えられた街はとても良いと思います。

住みたい・住みやすい等どれを重視するか

次に「住みたい街」と「住みやすい街」についてですが、住みたい街はどこですか?と聞かれた場合、皆さんの答えは憧れの街が出てくるのではないでしょうか?
では、住みやすい街は?と聞かれたら、交通の利便性が良い、物価が安い、暮らしやすい街となり、上記で挙げた内容となってくるかと思います。
また、住みやすい街の基準でいうと、それぞれ重要視する点が違うので、多少条件も異なってくるかと思います。
年齢・職業・家族構成などで住みやすい街が決まってくると思いますが、皆さんはその中でも何が条件になるのかを充分に検討しながら街選びをされてみてください。

よくランキングに登場する街は?

毎年、住みたい街、住みやすい街、買って住みたい街、借りて住みたい街などのランキングが色んなサイトで出ているかと思います。

住みたい街:横浜・恵比寿・吉祥寺

住まいやすい街:川口・赤羽・たまプラーザ

買って住みたい街:勝どき・恵比寿・三鷹

借りて住みたい街:池袋・葛西・川崎

それぞれの上位を抜粋してみました。

やはり住宅を購入するにあたって資産性も重要視していただきいので、ランキングにあがる街も候補に入れしつつ、実際に街の雰囲気などを見に行かれてみてはいかがでしょうか?

いかがでしょうか。
住む街というものは、簡単に変えられるものではありません。
だからこそ、しっかりとどのような街に住むのかをよく考え家族でも相談し、住む街を決めていくようにしましょう。
多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward