中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年08月11日
不動産取引のススメ

パッシブ住宅【 省エネ住宅シリーズ】

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
これまで省エネ性の高い住宅として長期優良住宅、低炭素住宅の紹介をしました。
省エネ性が高い住宅には、この二つ以外にもパッシブ住宅というものがあるので、今回はパッシブ住宅を紹介します。

パッシブ住宅はパッシブデザインの住宅

パッシブ住宅は断熱性や気密性に優れているだけではなく、建物の構造や材料などの工夫によって、快適な居住空間を実現する省エネ住宅の事をパッシブ住宅といいます。

パッシブ住宅はパッシブデザイン(エアコンなどの設備機器をなるべく使う事がなく、太陽の光や熱、風など、自然の力を活かして快適な室内空間をつくりだす設計の考え方)の設計思想に基づいて作られているようです。

パッシブ住宅の特徴

具体的には
夏は涼しく
・夏期日射遮蔽・・・室内に侵入する夏の陽射しを遮り、室内を涼しく保つ。
・通風、換気・・・建築地の風向きなどを考慮し風を通す部屋の配置や吹き抜けの位置などを工夫し、室内にかぜの通り道をつくる。

・高断熱、高気密・・・高性能な断熱材で家全体を包み込むことで夏の外気の熱を室内に入れず、涼しさを逃がさない。
・安全・・・シックハウス症候群防止のため使用建材の制限、自然素材の活用、計画換気を行う
・植栽・・・植栽の工夫により樹木が作り出す微気候を家の中に取り入れる。

冬は暖かく
・冬季日射取得・・・窓の配置、大きさ、窓ガラスの種類を工夫することで太陽光を室内に取り込み、室内を暖めエアコンの使用を抑える。
・通風、換気・・・室内の機密性を高めることで熱を逃がさず計画的、効率的な換気で空気を常に新鮮に保つ。
・高断熱、高気密・・・性能な断熱材で家全体を包み込むことで熱を逃がさず、外からの陽射しの熱を蓄える。
・安全・・・シックハウス症候群防止のため使用建材の制限、自然素材の活用、計画換気を行う。
・植栽・・・落葉樹をうまく配置することで冬の陽射しを遮らず、室内に取り組む。

パッシブ住宅はエアコン一台で家全体が暖かくなる

パッシブ住宅は床も壁も天井も高断熱と高気密で魔法瓶のような家のイメージだそうです。
冬は暖気を、夏は冷気を逃しません。熱交換換気システムで空気はいつもきれいなのに、熱だけがリサイクルされるため吸気口から冷たい外気が入ってくることもありません。

そしてエアコン一台でも家全体が暖かいのがパッシブ住宅だそうです。

パッシブ住宅を得意としている建設会社がありますので気になった方はお近くのパッシブ住宅で検索してみてはいかがでしょうか。

いかがでしょうか。
減税等の話はありませんが、光熱費を節約する上でパッシブデザインは優秀です。
デザインの特徴が魅力的に感じたようであれば、リフォームの機会にパッシブデザインを取り入れてみてはいかがでしょうか。
多摩センター周辺(多摩市・八王子市・狛江市・稲城市)で、低酸素住宅・低酸素住宅へのリフォームを含めた物件のお探しであれば、多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社にご相談ください。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward