中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年05月11日
不動産取引のススメ

ドラマで観れる、多摩中央公園

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
多摩中央公園は多摩センターを代表する大きな公園で、なんと東京ドーム2個分の大きさがあります。

 

これだけ大きいので、休日にはピクニックなどでくつろぐ人々、はしゃぐ子供たちの姿を見ることが出来ますし、1kmのジョギングコースもあるので運動不足解消にランニングをしている人も多く見かけます。
そして運がよければ、ドラマなどの撮影に出くわすことが出来るかもしれません。
「耳をすませば、平成狸合戦ぽんぽこ、一週間フレンズの共通点は?」という記事で紹介しましたが、多摩市は多くのドラマ、アニメの舞台となっており、多摩センターも多くのドラマのロケ地に選ばれています。

 多摩センターで撮影が行われたドラマを、ロケ地を主軸において紹介するコラムを掲載中で、第4弾となる今回は、多摩中央公園を紹介します。

なお第1弾から第3弾は、下記のようになっています。

興味がありましたら、是非読んでみてください。

第1弾:ドラマで観れる、パルテノン大通り
第2弾:ドラマで観れる、多摩中央公園通り
第3弾:ドラマで観れる、パルテノン多摩

ディア・シスター

穏やかな一人暮らしをしていた区役所職員である深沢葉月(演:松下奈緒)が部屋に帰ると、6年間音信不通だった妹「美咲(演:石原さとみ)」が男と寝ていたというところから始まる、幼いころ散々振り回されてきた妹に姉が再び振り回されていく物語です。

第1話で美咲が櫻庭永人(演:岩田剛典)から、永人の兄宗一郎(演:田辺誠一)についての調査報告を受けていた公園が、多摩中央公園です。
実はこのシーンにある遊具やベンチはセットで、実際にこの場所に行ってもこのような遊具はありません。

桜蘭高校ホスト部

少女マンガが原作で、アニメ化、ドラマ化、実写映画化を果たした人気作品です。
上流階級の子供の集う桜蘭高校に特待生として入学した藤岡ハルヒ(演:川口春奈)が、不注意で割ってしまったルネの花瓶の弁償800万円の返済の為にホスト部に入部する物語です。

多摩中央公園は桜蘭学院の池としてテレビドラマ、実写映画両方でよく登場しており、第6話でホスト部の部員である双子の常陸院光(演:高木心平)、常陸院馨(演:高木万平)が決闘をしていたシーンもパルテノン多摩の階段を登ったところにある場所です。
ディア・シスターに置いてあった遊具やベンチのない、そのままの姿で撮影が行われていますね。
なお、この場所でホスト部部長須王環(演:山本祐典)が罠にかかっていましたが、罠はないので安心してください。

僕とスターの99日

20年間警備会社のアルバイトを続ける並木航平(演:西島秀俊)が、韓国のスターハン・ユナ(演:キム・テヒ)のボディガードとして繰り広げられる、滞在期間99日限定の恋物語です。

最終話でハン・ユナが高橋大和(演:佐々木蔵之介)と撮影をしていた公園が、多摩中央公園です。
これまでに出てきた多摩中央公園の映像と大きく違いますが、これまで出てきていたのはパルテノン多摩の階段を登ってすぐのところで、パルテノン多摩と多摩中央公園の境目のような場所です。
多摩中央公園は画像のような広大な公園ですので、休日のピクニックなどにもちょうど良い公園です。

ブルドクター

自分の信念を貫き妥協を許さない性格のため他と衝突しやすい法医学者、大達珠美(演:江角マキコ)が、ミステリアスな事件の究明をする物語です。
題名のブルドクターは、信念を貫き突き進むさまを「ブルドーザー」に例え、ブルドーザーとドクターを組み合わせた造語のようです。
アップルとペンを組み合わせるようなものですね。

第3話で整形美人の遺体が発見された緑豊かな公園が、多摩中央公園です。

ヤスコとケンジ

元暴走族の総長で現在は人気少女マンガ家である沖ケンジ(演:松岡昌宏)と、その妹ヤスコ(演:多部美華子)の物語です。
原作は少女マンガで、交通事故で両親を亡くした結果、妹を守ることを決心するも過保護、過干渉となってしまいヤスコから疎まれていまい、喧嘩ばかりしつつも固い信頼関係を結んでいる兄妹の物語です。

第1話でヤスコと椿純(演:大倉忠義)が、椿家から帰る途中に携帯番号を交換し、ケンジに絡まれた公園が、多摩中央公園です。
このシーンだけでもTOKIOの松岡さんと関ジャニ∞の大倉さんという2人のジャニーズアイドルが多摩センターに来ていたことになりますね。

正義の味方

悪意に満ちた行動が何故か人に幸福をもたらす槇子(演:山田優)と、その槇子にいつも振り回されている妹の容子(演:志田未来)の物語です。

第9話で容子と岡本陸(演:本郷奏多)が話していた噴水のきれいな公園が、多摩中央公園です。

無理な恋愛

レコード会社「オールインレコード」で役員待遇のプロデューサーをしている立木正午(演:堺正章)は、還暦を迎えたばかりなのだが、25歳年下の長野かえで(演:夏川結衣)に一目惚れすることから始まる恋愛ストーリーです。
昨年放送された「お義父さんと呼ばせて」と同じような歳の差を乗り越えての恋愛ストーリーとなっています。

「年の差婚」が流行語大賞にノミネートされたのは2011年であり、現在であっても「お義父さんと呼ばせて」のように大きな障害が出てくる年の差婚を、そもそも年の差婚という言葉自体が流行る前に題材としているので、「無理な恋愛」という題名になったのでしょう。

第1話で正午が池に落ちてしまった、かえでとの出会いを彩った見事な公園が、多摩中央公園です。

ごくせん3

仲間由紀恵さん主演の人気学園ドラマシリーズの第3シリーズです。
仲間由紀恵さん演じる任侠集団「大江戸一家」の元で育った山口久美子(ヤンクミ)が、不良クラスで奮闘する学園ドラマです。

第6話で倉木悟(演:桐山照史)が藤村早希(演:小嶋陽菜)とベンチで座って話していたり、藤村早希が不良に絡まれたり、その後ヤンクミが走っていた公園すべて多摩中央公園です。

1ポンドの福音

食欲旺盛で減量に失敗しがちな若きプロボクサー畑中耕作(演:亀梨和也)と、真面目だが世間知らず、実は酒癖の悪い見習いシスター、シスターアンジェラ(演:黒木メイサ)の、ボクシング重視のラブコメディーです。
このドラマにはauのCMで浦島太郎を演じている桐谷健太さんも出演しています。

第1話で、水をろくに飲まずにトレーニングを続けた結果、倒れてしまった畑中耕作に、シスターアンジェラにお茶を飲ませてもらう、2人の初めての出会いを彩った公園が、多摩中央公園です。

演歌の女王

じゃんけんには負け犬の糞を踏んでしまうなど不幸なエピソードの多い売れない演歌歌手大河内ひまわり(演:天海祐希)は、愛した男性に近づくと不幸が降りかかってくるという設定のコメディドラマです。

第4話で一条眞佐美(演:酒井若菜)がひまわりへの嫌がらせとして雨の中呼び出し、見える範囲で喫茶店でくつろいでいたシーンが、多摩中央公園です。

天気予報の恋人

バツイチで女心に鈍感な気象庁の主任予報官矢野克彦(演:佐藤浩市)と訳ありシングルマザー原田早知(演:稲森いずみ)、金子祥子(演:深津絵里)の恋愛ドラマです。
月9で放送されていたのですが、この作品の前はサスペンス系のドラマが続いていたので、純粋な恋愛ドラマにシフトした作品です。
現在ビデオでは発売されているのですが、DVDでは未発売となっているので、BD、DVDで発売されるのが楽しみです。

第3話の、サブタイトルとなっている雨中の突然のキスをした公園が、多摩中央公園です。

ウルトラマンメビウス

TVシリーズ第16作目で、ウルトラマンシリーズ40周年記念作品として登場した、記念すべきウルトラマンです。
平成ウルトラマンであるティガやダイナ、ガイアの世界観は引き継いでおらず、なんと昭和のウルトラマンの世界観を受け継いでおり、ウルトラマン80が地球を救って平和になってから25年後の世界が舞台です。
メビウスはウルトラマンタロウの弟子であり、地球を守る為にウルトラの父の命令で地球にやってくるという、かつてウルトラマンを観ていたお父さん世代と今ウルトラマンを楽しんでいる子供世代両方が楽しめる作品となっています。
私もまさかウルトラマンタロウがビデオ以外で戦う姿を観る事ができるとは思っていなかったので、歳を忘れて楽しむことが出来ました。

因みにメビウスはウルトラマンタロウの弟子ですが、なんと令和最初のウルトラマンである「ウルトラマンタイガ」はウルトラマンタロウの息子です!

ウルトラマンタロウは1973年、ウルトラマンメビウスは2006年、ウルトラマンタイガは2019年なので、状況によってはタロウを観ていた祖父がメビウスを観ていた父と孫と一緒になってウルトラマンタイガを観ていたかもしれませんね。

なお第29話でアイハラリュウ(演:仁科克基)とウルトラマンメビウスことヒビノミライ(演:五十嵐隼士)と会話をしていた場所が、多摩中央公園ですね。

いかがでしょうか?

多摩中央公園は多くの名ドラマのワンシーンを彩ってきた、景観の良い公園です。
ロケをしたドラマが多いので、何かしらの作品の中で多摩中央公園を見ていると思います。
ドラマのロケ地ということを除いても、多摩中央公園は多摩センターを代表する大きな公園で、ジョギングコースにもなりますし自然の中子供に遊んでもらいたいという想いも叶えられます。
仕事の合間のお昼休憩で、昼食後のゆったりした時間に自然を感じることも出来るので、休憩中のリフレッシュにも効果的です。
池を泳ぐカモを見ていると、とても落ち着いた気持ちになれますよ。
多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward