中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年05月07日
不動産取引のススメ

修繕はどのくらいで行うのが良いのでしょうか?

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
マンションや戸建てを所有・区分所有しているときに、修繕のタイミングで迷っていたり、「まだまだ修繕は必要ないんじゃないか?」と考えている方は少なくないでしょう。
そこで簡単な目安ではありますが、紹介させていただきます。

マンション・戸建て共通の点検項目

まず、戸建てもマンションもですが、点検項目は下記の通りとなります。

①外壁・屋根などの屋外部

②土台・柱・梁などの躯体部分

③床や壁の仕上げなどの屋内部分

④窓・戸袋などの建具

⑤給排水管・トイレ・浴室・ガス管・電気設備等

各設備の目安

室内のもので取替えの目安としては
・給湯器は10年位
・水栓器具、浴室は10~15年
・キッチンシンク・トイレ・排水管、ガス管、換気設備、電気設備などは15~20年
・雨戸や玄関建具・窓などは15~30年
くらいが取替え検討の目安となります。

区分所有のマンションの場合長期修繕計画がある

マンションの場合は修繕するにも個人で出来るものではなく、長期修繕計画というものがあるので、それに従って修繕を行っていきます。

マンションも色んなものの修繕が必要となってくるので、長期修繕計画と修繕積立金の積立額をもとにどこを修繕するべきか決定していきますが、だいたい12~3年周期で行う大規模修繕が一番費用がかかってくるかと思います。

大規模修繕は外壁塗装から共用廊下など、簡単に修繕しにくい箇所をまとめて修繕していきますし、マンションの規模にもよりますが、足場を組む事になりますのでバルコニーの塗装なども一緒に行うのが通常と言えます。

修繕は建物を維持していくのにとても重要な事ですので、管理会社は勿論ですが、管理組合で話合いを行い、住んでいる居住者が綺麗に維持する事を意識していかなければなりません。

また、マンションの大規模修繕は居住者が工事中はスケジュールなどを把握しておかないと、洗濯物を干して良い日と干してはいけない日などもスケジュールが組まれてますので、そのスケジュールに沿って生活していなかいと工事を行っている方々の迷惑になってしまいますので、ご注意ください。

いかがでしょうか。

戸建てもマンションも修繕を行っていないと資産価値も下がってしまいます。

修繕個所を「まだ大丈夫」と放置していると悪化しより大きな出費となってしまうかもしれません。

逆に見つけたらすぐに修繕をおこなっておくと修繕費用も抑えられますので、放置することなくご自身の資産を守っていただけたらと思います。


多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward