中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年06月01日
不動産取引のススメ

ニュー・ノーマル時代の不動産業とは?

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
一昔前は「部屋を探そう」となったらとりあえず不動産会社に相談する方がほとんどでしたが、最近は事前にSUUMO等で物件を調べて、ここがいいという物件を探してから「この物件を内見しに行きたい」とメール等で予約をして来られる方が増えてきました。
固定電話から携帯電話、スマートフォンと時代が移り変わるにつれ主流となる通信機器が変化していくなど、今の普通はこれから先も普通とは限らず、新しい普通が出来ていくものです。
今回は、その不動産業にとっての新しい普通、少しかっこよくニュー・ノーマルについてお話していきます。

新型コロナウイルスにより必要となった「3密」

先日、国土交通省は「不動産業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表しました。
本ガイドラインは、事業者の事務所や案内所等取引の現場において、各事業者の取引等の実態に応じた新型コロナウイルス感染予防対策を行う際の基本的事項について、参考としてまとめたものです。
ガイドラインの根本にあるのは、定期的な手洗いの徹底や、「3密」の回避などとなっています。
テレワークや時差勤務、交代勤務などの指針も提示されています。
個人的に気になったのが、物件をご案内する場合の取り組みについてです。

・原則、現地集合・現地解散とする。

・車で案内する場合は、窓を開ける。

・物件を内見中は窓を開けて、できるだけ短い時間とする。

などです。

3密を避けるために着目されたWEB内見とVR内見

3密を避ける、という意味ではこうするしかないのでしょうが、夏の猛暑日や冬の極寒な日などは大変ですね。
過酷な環境での内見が増えてしまいそうです。
売主様も購入検討者様も、否応なく短時間での内見を希望することになりそうです。
そこで、もう一つの取り組み事例として列記されていたのが、ネット環境を活用したWEB内見です。

WEB会議システムや、ビデオ通話を利用して、購入検討者の方は現地に足を運ぶことなく、室内を見学することができるようにする、というものです。
購入検討者の方もそうですが、居住中の売主様にとっても負担軽減となることが考えられます
今後はこういった内見方法も浸透していくのではないでしょうか。

今はまだ難しくても今後のニュー・ノーマルに注目

ただ、お住いに関しては、周辺環境や駅からのルート、街の雰囲気など、どうしても現地で実際に体感しないとわからない部分もあるかと思います。
完全WEB内見、という方法に移行するには、まだシステム環境の整備が不足している印象も否めません。
SelFinなどのWEB物件診断アプリを使ってのふるい分け、エージェントへの相談、WEB内見、そして気に入った物件だけを実際に現地で確認、といった流れができてくるかもしれません。
新型コロナウイルス感染症は多方面での影響を与えていますが、不動産業界も例外ではありません。
物件価格などに対する様々なコメントもありますが、物件の探し方・売り方にも大きな変化がありそうです。

いかがでしょうか。
現在イツデモ内見等のVR内見に特化したサイトがあったり、SUUMO等でもVR内見コンテンツを導入しています。
当社でもWEB上でのVR内見を推進していますので、是非ご利用ください。
多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward