中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2020年01月07日
不動産取引のススメ

お住い探しは長期化の傾向に!?氾濫するネット情報との向き合い方

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
住まい探しというと、どのようなイメージがあるでしょうか?
一昔前であれば、情報が何もない状態で近所や大手の不動産会社に相談し、その不動産会社が「これでどうでしょうか?」と提示された物件を見て「じゃあこれで」と決めて契約に…というイメージがあるのではないでしょうか。
しかし最近はSUUMO等の不動産の情報を掲載するサイト利用者が増加しており、状況が変わってきているようです。

住まい探しに不動産情報サイト利用者に対する調査結果が公表されました

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)は、「不動産情報サイト利用者意識に関する調査」の結果を公表しました。

お住い探しをされている方が、アットホームなどの不動産情報サイトをどのように利用しているか、というデータがまとめられた情報です。

この中で目を引くのが、「問合せから契約までにかかった期間」のデータです。

奔流する情報を精査するのには時間がかかる

調査結果によると、売買検討者の「問合せから契約までにかかった期間」について「3ヶ月以上」かかった人の割合が、2018年度の「20.9%」から、2019年度は「44.2%」へと大幅に増加しています。

今は多くの情報がインターネットで取得可能です。

「価格は適正なのか」、「耐震性に問題はないか」、「ハザードマップは問題ないか」、「ライフプランはどうなるのか」、「資産価値は維持できるのか」など、気になるワードが溢れかえっています。

そのため、購入を決断するまでに調べることが増えてしまっているのかもしれません。

ユーザーは「ネットではわからない」情報を提示できる不動産会社を探している

また、売買検討者の「不動産会社に対する不満」の項目では、「説明・知識の不足」がトップとなりました。

これも、お住い探しをしている方のニーズが、物件情報の豊富さよりも、「周辺知識・説明力の有無」などに移ってきている証拠かもしれません。

併せて、売買検討者の「訪問した不動産会社」の平均は「3.1社」となっています。

お住い探しをしている方は、物件探しと並行して、信頼できる不動産会社も探している、という見方もできると思います。

最終的には信頼できる不動産会社を見つけ出すことが理想への近道

お住い探しのように、専門的な知識や、多くの周辺知識が必要な取引では、インターネットに溢れているあやふやな情報や、概括的な記載の情報では、判断しきれないポイントがたくさんあります。

同じマンションでも全く同じ条件の住戸はありませんし、戸建に関しては同じものは一つも存在しません。

もし気になる物件の情報があった場合には、積極的に質問をしてみると良いと思います。

物件についての良い点・悪い点も含めきちんと情報開示をしてくれるのか。

質問した以上の周辺情報や関係情報を提供してくれるのか。

お時間がかかったとしても、信頼できる不動産会社を見つける不動産情報サイト利用者が増えてきているということでしょう。

いかがでしょうか。

いまは無料でかなり深い部分まで調べることが出来るので、自身で調べてから不動産屋に行き、目的の物件のネットでは調べることが出来ない部分を質問して契約をする方が増えているように感じます。

しかしインターネットの情報は膨大ですし、古い情報や間違った情報も多くあります。
間違った部分を正してくれたり、追加で情報をくれる信頼のできる不動産会社を見つけて相談していくことが、今のお住まい探しの近道なのかもしれません。

多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward