中央企画株式会社
10:00~18:00
毎週水曜日
2019年12月13日
不動産取引のススメ

ヒートショックに年齢は関係なし!

多摩センターを中心に40年以上地域密着で営業を続けるLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社です。
寒くなってきて、入浴で脱衣をするのが辛い季節になりましたよね。
寒さに耐えつつ湯船に浸かって身体を温めるのは気持ちのいいものですが、実はその時身体は悲鳴を上げているのです。

人は急激な温度変化で強い負荷がかかる

ヒートショックという言葉は聞いたことがあるものの、身近な問題として考えている方は案外少ないのではないでしょうか。
最近のニュースで20代の人がヒートショックで亡くなったと聞きました。
ヒートショックに年齢は関係はないと言うことです。
特に冬場に気を付けたいヒートショックは、どういった人が特に注意するべきなのかを理解し、家族に年配の方がいない場合も予防法を抑えておくと良いと思います。

ヒートショックとは、室内での急激な温度差が影響で起こる、身体へのさまざまな悪影響のことです。
血圧が大きく変動し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こし、最悪は死に至ることも少なくありません。

家の中で高齢者が死亡する原因の4分の1が「ヒートショック」だと言われ年間1万人以上が亡くなっており、その数は交通事故の2倍以上だということです。

ヒートショックは命に関わる危険もある

ヒートショックに年齢は関係なく、すべての人に注意が必要です。
確かにヒートショックの危険性が高いのは高齢者が多いかもしれません。

しかしもともと血圧が高かったり、糖尿病、高脂血症、さらには不整脈などの持病を持っていたりする場合等、ヒートショックは年齢に関係なく注意が必要です。

スポーツをして血圧が上がったあと、寒い脱衣所で着替え、熱いお湯に肩までつかるなどはとても危険な行為になります。
起き抜けは血圧か安定しないため、冬場は起きてすぐに入るお風呂も危険な行為です。
また、食事や飲酒の後も血圧が変動しやすいので、たとえば晩酌直後の入浴はできるだけやめた方が良いでしょう。

予防のポイントは温度差を軽減させること

■ヒートショックを防ぐお風呂の入り方
注意すべき場所は浴室、脱衣所以外にもあります。
普通の木造住宅なら廊下やトイレなどもかなりの温度差があるはずです。
我が家はかなりの築年が古いので家のあちこちが寒いです。

高齢になると衣類の脱ぎ着にも時間がかかり、寒い脱衣所で着替えをするうちに身体が冷え切ってしまうということもありますので
小型のヒーターなどを置くなど、室内を温める工夫をして頂くと良いかもしれません。

■お風呂の入り方の注意点
ヒートショックを予防する方法には次のようなものがあります。

1.浴室暖房で浴室内を暖める
2.シャワーでお湯を出して浴室内の温度を上げる
3.お湯の温度は38~40度のぬるめに設定する
4.かけ湯をしてから湯船に入る
4.一番風呂は避ける
5.あまり長湯はしない

お風呂の床がタイル張りなどで冷たい場合は、バスマットを置いたり、入浴前に床にお湯をまいたりしておくといいそうです。

ヒートショックが怖いということを知っていても、自分は大丈夫と思い込んでいませんか?

予防方法は簡単なことばかりですので是非参考にしてみてください。

いかがでしょうか。
ヒートショックの怖い話を聞いていると、中には入浴などをためらってしまう方もいるかもしれませんね。
ただヒートショックにより「ヒートショックプロテイン(HSP)」というたんぱく質が増えます。
このHSPは傷ついたたんぱく質を修復するということで、抗ストレスやアンチエイジング、疲労回復などの分野で話題になったりしました。
ヒートショックの悪影響は予防しつつHSPを増やして、入浴のいいとこどり出来るようにしたいですね。
多摩センターのLIXIL不動産ショップ 中央企画株式会社でした。

この記事を書いた人
物件提案ロボ ブッケンテイアンロボ
物件提案ロボ
AIによる物件の評価書付きで物件情報をお届けする物件提案ロボでらくらく物件探し! 物件提案ロボについてはこちらからどうぞ
物件提案ロボ
arrow_upward